2015年06月19日

空気を読んでます

雨です。梅雨だからしかたないね。

明けたらあの暑〜い真夏がやってくるんだ。

今年は日中30度とか言ってるけど夜になると涼しくていいです。

冷夏になるのかな?

私は冷夏で良いですが。

ちょっとプチうつです。定年間際の人たちがだいたい悩むのだろう・と思う悩み。

私も一丁前に悩んでいます。

職場では自分はもう居なくてもいいのかな?前のように必要とされていないんだな?

そんな空気が読めるようになりました。

学卒の新人ナースが毎年入ってきます。

20代が殆んどの中で還暦ナースは悩んでいます。

20そこそこの新人ナースは私のこの胸の痛みを知るよしもなく、

そして還暦ナースは心の内を見破られないように若い者と同じ体力を使い

「あの人、年ね」と言われないように、思われないように頑張っています。

体ではなく精神的にきついものがあるんだなーって最近おもっているのです
posted by さと at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

憧れの人

Yさんはいいなぁ、

この人がいるだけで周りの空気がぱっと明るくなる。

とても存在感の大きい人。

なのに、自己嫌悪に陥るだとか、自分が嫌いだ、とか本人の口から聞くと

えっ!なんで?

耳を疑う。わざと言ってんのか?なんておもう。

人から見えている自分と、自分でおもっている自分って違うんだね。

でも、こんな自分が嫌いって言っていてもそれを周りに気付かれないって凄いよ!

そんなYさんと仕事一緒が楽しいのです。疲れも激減よ!
posted by さと at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

受け入れない家族

雨がぱらぱら降ったり止んだり、傘いらないようでいるような、そんな梅雨の日。

スッキリしないのは嫌い。

降るなら降る、晴れなら晴れ、そんなのがいい。


56才で脳梗塞半身麻痺の患者さんが入院してきた。

還暦過ぎの私より若いこの患者を看ていて気の毒だな〜とおもった。

70代〜80代の中の入院患者さんの中に入ってきたこの女性。

白髪もないしお肌もピチピチしているし、80代と一緒にオムツしているなんて

私としては耐えがたいものを感じる。

リハビリのある病院になんで入らなかったんだろう?

お金の都合と家庭の事情もあるのだろうけれど、今ならリハビリによって杖歩行まで行けるのに。

50代でオムツなんて・・・


家族の協力がなければできないことがたくさんある。

協力がない為に寝たきりになっていく患者さん、亡くなっていく患者さんを大勢看てきた。


今リハビリに勢を出して、ベットから自己で車いすに移乗できるようになり、本人も家に帰りたくて一生懸命自己リハやっているのに、残念ながら寝たきりからそこまで回復したのに家族の都合で退院できない○さん。

昨日もここまで自分は一人でやって頑張っている!と訴えてきた。

「私は帰りたいんですよ、こんなとこにはもう居たくないんです」と言って、

院長にも師長にも訴えていた。

私たち職員は帰してあげたい、家から透析に通えるようにしてあげたいと心からおもうが、

家族の受け入れがない。退院されては困ると言ってくるのだからどうしようもない。

可哀そうだな、家に帰りたくてこんなに頑張っているのに、と切なくなるが

○さんお家の方が退院の受け入れがないのよ、奥さんが帰ってきたら困るって言ってるの、

なんてとても言えない。

家族が退院希望してないと知ったら気力も失せるだろうな。
posted by さと at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。