2014年10月29日

天職ならば

四日前の青森は20度もあったのに昨日初雪が降ったんだって。

この温度差はすごい!

良い時に法事ができて本当によかった。

四日間休んだら仕事がしたくてどうしようもなかった。

完全退職になったら私はどうしよう(笑)



もっと早くナースのお仕事がどんなに素晴らしいものか気が付けばよかった。

患者さんと接することが楽しいなんて思わなかったけど、

今は面白いなとか、話を聞いてあげようとか、患者さんの気持ちがわかるようになった。

そして携わっている内に、性質がわかってくる。

個々の内面にあるものが、多分こうなんだろうな・・と感じてくる。

今日の夜勤は良い仕事をしてこよう。


経験を積まなければいくら解ろうとしてもわからないことがある。

経験を積んできたからこそ解ってきたのだろうか?

私が患者だったら・・・その思いで接していこう。
posted by さと at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

法事

実家の法事に行ってきた。


兄夫婦と子供、姉夫婦と私。


もうみんないい年、じじ、ばばだ。


一泊二日の慌ただしい里帰りだった。


姉も兄も苦労人、姉はやはり長女だ、さすがだな〜とおもった。


テキパキと率先して兄に指示を与え、ぽわ〜んとしている兄嫁に指示を与え、


その姿をみて、だから姉ちゃんをみんな頼りにしちゃうんだよな〜とおもった。


その姉がいるからこそ私は甘えて実家の親を見ずにすんでいた。


兄も「こんな時どうすればいい?」いつも姉を頼っている。


親代わりのように弟、私、兄のことを心配してくれる。


そして夫にもよく尽くす人。


自分のことは二の次にし、自分の子供や孫が第一。


子供も立派に育て、あと何を悩むのだろう。


今度は兄の心配をしている。


この人は一生こうして終わるのかな〜っておもう。


それに比べると私は自分のことしか考えていないんだな。


帰って来てから「姉ちゃん、兄貴はそんな人生を自ら選んでいるんだからそこまで心配することないよ!」と電話で話した。


「としちゃん、私あんたがいてくれてよかったよ!」と言ってた。


青森はもうすぐ冬支度です。また雪との闘いが始まるね。


posted by さと at 12:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

仕方ないね

あぁ眠い。

今日もう一日頑張れば明日青森に帰れる。

兄、姉と会える。二年ぶり?、三年ぶり?

姉とは電話で話もしているが、兄とは全然あっていない。

だから法事がある時が私は楽しみだ。



三人とも、もういい年なんだから会える時逢っていた方がいいよ!

昨日入院しているKがそう言って感情失禁で泣いた。

自分の今、自由に動かない体に諦めたり嘆いたり、もう一度帰りたい願望があったりで、心が揺れ動く日々を過ごしているKである。


私がどのように思っても、してあげることに限界がある。

そして、私はKの家族ではない。

もう一度自分の家で暮らしたいのだろうが、独居は無理だろうな。

少し認知になったかバッド(下向き矢印)とおもう言動も時々あり大丈夫かな?この人。

生かされているだけの病院生活。

でも、生かされてしまったんだから寿命があるまで頑張って生きねば!

その為に娘たちと協力して、私にできる範囲のことをしてあげられればとおもっているのだが・・・
posted by さと at 13:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。